P-ぽけっと 保育 フォトアルバム by PhotoBack

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 月日は経っても、いつまでも。 | トップページ | 朝の顔。 »

リフレッシュの旅

海の日の連休に、網走まで「快速しれとこ」に始めて乗車しました。
目的は函館の従妹の子ども(小学5年生)の全道陸上競技大会が北見で開催される事と、
兄の住んでいる網走の自宅訪問のふたつでした。

出発の前日になり、観光シーズンなので3時間の乗車に座席の確保をと、駅みどりの窓口に電話をしその旨を伝えると、な~んとかえってきたことばにびっくり!!

  「車両は1両なので、指定席はありません。」
  「混んでいたら、網走まで立ったままですか?」
  「観光シーズンで何とも解りません。」                      
  「トイレはついていますか?」
  「ついています。」

電話を切ってから、明日の乗車がとても不安になってきました。座席確保には1時間前に駅に到着しなければ・・・早すぎるかナ~
そして翌朝。早々と家を出て50分前にホームで順番待ち。
よ~しいちばんまえ確保!!
10分後、チラホラ後ろに並ぶ姿がふ始め20分経過。何ととツアー客15名が到着。
待つこと40分やっと列車が入ってきました。何と可愛い???1両列車。
満員列車になった「快速しれとこ」いよいよ出発。でも・・・快速のはずなのに各駅停車?

この謎は帰りの列車に乗って納得できました。帰りの普通列車は3ヶ所の駅で15分~20分の待ち時間がありました。60%くらいの乗車率でしたが、国際色豊かに、英国・中国・韓国の方々が乗車しており、絵はがきの書き方を聞かれたり、車窓から見える丹頂鶴・鹿・の説明をしたりと和やかな時間でした。

旅の目的の第一網走では、兄夫婦の案内でモヨロ貝塚・流氷・、道の駅・・・みどり豊かな
雄大な自然を満喫し、夜はタラバガニ、毛がに、うにの海の幸と新鮮野菜のサラダに私の
お腹がビックリでチクチク限界を知らせてくれました。そして何よりも兄との懐かしい思い出話が、私の心を和ませてくれました。

旅のもうひとつの目的の姪っ子のこども謙信君の400m.リレーは第3走。
予選通過。いよいよ決勝。8人中スタート直後3番目・・2走者も3番目で謙信君にバトンタッチ。みんな大声で”ケンシンガンバレー”ぐんぐん追い上げ何と1番でバトンタッチ。
そのままアンカーゴール!!ヤッタ~!!

みどりの自然と、やさしいこころとの出会い、少年のひたむきな頑張りの姿。

どれもこれも私のこころを爽やかにリフレッシュしてくれました。

« 月日は経っても、いつまでも。 | トップページ | 朝の顔。 »

by幸恵先生」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 月日は経っても、いつまでも。 | トップページ | 朝の顔。 »